エアロゾル感染対策(予防方法)は?飛沫感染や空気感染との違いは?

新型コロナウィルスは飛沫感染以外にもエアロゾル感染の可能性があるという発表がありました。まだ明確な証拠はないそうですが、エアロゾル感染って初めて聞いた人も多いのではないのでしょうか?エアロゾル感染とは何なのか?予防方法や飛沫感染・空気感染との違いについて詳しく調べました。

エアロゾル感染って何?

2月8日に中国、上海のテレビ放送で、専門家の意見として新型コロナウィルスはエアロゾル感染の可能性があると放送されました。

それを受けて、2月9日にエアロゾル感染である明確な根拠はないと発表されました。

新型コロナに新感染経路 中国衛生当局「証拠ない」(20/02/10)

エアロゾル感染とはどんな感染なんでしょうか?

エアロゾル感染のエアは空気を意味し、エアロゾルとは空気中に漂う微粒子のことを言います。

空気中に漂う微粒子の形状が液体か固体かでダストやミストなどと呼ばれています。

エアロゾル感染とは空気中に漂う微粒子、いわゆるダストやミストなどに付着して感染する感染経路のことを指します。

エアロゾル感染の予防方法とは?

エアロゾルは非常に小さな微粒子なので通常のマスクでは効果がないという情報も出ていますが、やはりマスクをしていないよりはしていた方が安心ですよね。

個人的な意見ではマスクではすべては防げないかもしれませんが、少しは防げそうな気がしますので、やはりマスクはするべきではないかと考えます。

しかし、エアロゾル感染とは厳密にいうと医学用語ではないそうです。

そのため定義は曖昧で、エアロゾル感染は空気感染と一緒という情報やエアロゾル感染は空気感染とは違うという両方の情報が流れています。

今までのコロナウイルスの傾向から、新型コロナウイルスも空気感染はしないだろうと言われています。

なので、今回の新型コロナウイルスのエアロゾル感染の予防方法は、飛沫感染の延長と考えて通常の風邪対策と同じ(手洗い・アルコール消毒・マスク)を続けていくしかなさそうですね。

エアロゾル感染と飛沫感染の違いは何?

エアロゾル感染と飛沫感染の違いとは何でしょうか?

飛沫感染はくしゃみや咳、唾液などでウイルスが飛んで粘膜に付着し感染をします。

エアロゾル感染は、飛沫感染よりもウイルスが軽く、空気中に漂う時間が長いので飛沫感染より感染リスクが高いと考えられています。

インフルエンザが通常の風邪より感染力が高いと言われているのは、原因ウイルスが空気中に漂う時間が通常の風邪よりも長いからなんですね。

エアロゾル感染と空気感染の違いは何?

ではエアロゾル感染と空気感染の違いは何でしょう?

空気感染は飛沫核感染とも呼ばれており、ウイルスの付着したくしゃみや咳が空気中から落ちて消えてもウイルスの核となる部分にウイルスがいつまでも残り感染すると言われています。

空気感染の代表的な疾患がはしかやみずぼうそうです。

空気感染は感染力が非常に高いのが特徴です。

エアロゾル感染は空気中に漂う微粒子にウィルスが付着しているイメージで、空気感染はウイルスがいつまでも残っているイメージです。

なので、エアロゾル感染は飛沫感染と空気感染の中間位にあるイメージですね。

まとめ

エアロゾル感染について、飛沫感染や空気感染と違いを比較してまとめましたがいかがでしたか?

エアロゾル感染は正確には医学用語ではなく、医学的な定義がないのでエアロゾル感染は空気感染の事だという意見やエアロゾル感染は空気感染ではないという両方の情報があります。

しかし、今回のコロナウイルスについては今までのコロナウイルスの傾向から空気感染はしないだろうと言われています。

通常の風邪よりも、感染力の高いインフルエンザと同じ意味合いのエアロゾル感染と考えて、インフルエンザ同等の予防対策をしっかりしていきたいですね。

新型コロナウイルス関連の記事はこちら

新型コロナウイルスの感染経路や予防方法・潜伏期間は?日本にも上陸!

新型コロナウイルス(新型肺炎)対策でマスクの効果は?マスク選び方は?

新型コロナウイルスの感染源(原因)はヘビ?ネズミ?検査キットや検査方法は?

 

あなたにおすすめの記事!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする