松本人志がツイッターで心境吐露!探偵ナイトスクープの3代目局長就任で緊張? | Aroundforty Life

松本人志がツイッターで心境吐露!探偵ナイトスクープの3代目局長就任で緊張?

大阪の人気番組「探偵ナイトスクープ」の2代目局長、西田敏行さんから松本人志さんへのバトンタッチが決まりました。2代目の西田敏行さんは局長を19年間も務めて来ました。今回の大抜擢について、松本人志さんもSNSで心境吐露しているようです。そのSNSと、探偵ナイトスクープについてご紹介します。

探偵ナイトスクープ3代目局長に松本人志

10月25日の放送で、「探偵ナイトスクープ」の新局長として、ダウンタウンの松本人志さんが就任すると発表されました。

初代局長は上岡龍太郎さん、2代目局長は西田敏行さん、そして松本人志さんは3代目局長となります。

10月18日の放送では、2代目局長の西田敏行さんが来月22日の放送分で局長を降板する事を発表していました。

西田敏行さんが降板を発表した直後に西田敏行さんは「ドクターX」で車椅子で登場し去るというシーンが放送され、「ドクターX」も降板してしまうのではないかと心配の声が上がっています。↓こちらの記事で詳しく書いています。

西田敏行はドクターxも降板?車椅子で登場した理由は歩けないからなの?

11月22日放送の収録では、2代目秘書を務めた岡部まりさん、最高顧問席にキダタローさんが座り、西田敏行さんが初めて局長を務めた際の3ショットも再現されました。

降板発表後は、ネット上では「誰が局長になるのか?」話題になっていました。

そして、10月25日の放送で全てのVTRが終わると、西田敏行さんは

「大阪のエスプリあふれる番組のファンでした。このテイストを大事にしたいと局長になりましたが、あるときふと泣いちゃって、感動巨編的な内容が増えてきました。熱くてアホで、まっすぐな思いにたくさん笑い、泣きました。本当に幸せな時間でした。ありがとうございました。」

と視聴者等に感謝を述べました。

その後、「3代目を託す人はこの人しかいません」と松本人志さんが紹介されました。

出演していた探偵らも知らされておらず、騒然となる中、その様子を見た松本さんは「局長辞めないで感満載やん。大好きな番組なんで二つ返事で受けさせてもらってんですけど、後悔しかないわ」と笑わせていました。

番組後の記者会見では、西田さんは「大阪人として乾いた笑いと、少し濡れた感動も一緒になるような形で進んでいってくれれば。体力的にしんどい部分もある」と説明しました。

松本さんは「あまり番組の邪魔にならないようにしつつ、自分も出していかなければいけないので、やらないと分からない。レギュラーが1本しかなくなりまして・・」と笑いをとりつつ決意表明をしました。

映画やドラマ観るならU-NEXTがおすすめ!
ただいま31日間無料トライアル実施中です。詳しくは↓をクリック!

松本人志の心境は?

松本さんの実際の心境はどうなのでしょうか?ツイッターで告白していました。

さすがの松っちゃんも、大阪の歴史ある番組の司会者になるのは緊張するようです。

松本新局長の初めての収録がどうなったのか?放送が楽しみですね。

SNSでの反応は?

今回の新局長が松本人志さんだった事について、皆さんどう思っているのでしょうか?

松本さんの新局長就任を喜んでいる方が多くみられました。

逆に今後の探偵ナイトスクープを心配されている方も見られ、松本さんの出演していた「クレイジージャニー」の事があるみたいです。

探偵ナイトスクープとは?

スタジオをひとつの探偵事務所と想定され、視聴者から寄せられた依頼を、探偵局員と投稿者で調査する大阪の番組です。

1988年から放送が始まり、局長は初代が上岡龍太郎さん、2代目が西田敏行さん、3代目が松本人志さんが務めます。

依頼内容は人探し、物探しなど本格的な調査から、街頭調査や現地リポート、実験を伴うものなど様々なジャンルです。小ネタ集などもあり、笑いあり涙ありの長寿番組です。

関西では大人気で知名度も高い番組ですが、関東ではあまり知られていないですよね。

松本人志のプロフィール

名前 松本人志

生年月日 1963年9月8日

年齢 56歳(2019年10月現在)

血液型 B型

身長 172㎝

コンビ名 ダウンタウン

兵庫県尼崎市の出身で、小学校から同級生の浜田雅功さんと吉本総合芸能学院1期生として入学します。入学当初から浜田さんとコンビを組み、1987年には初の看板番組「4時ですよーだ」を皮切りに、深夜のコント番組「夢で逢えたら」で東京進出を果たします。

その後「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」「ダウンタウンのごっつええ感じ」などの出演と企画、編成なども行い、1993年には自信のエッセイを「週刊朝日」に連載し、単行本も発行しました。

2007年には「大日本人」で映画監督としてデビューをして、多彩な才能と笑いで今でもたくさんの番組で活躍しています。

まとめ

今回は、探偵ナイトスクープの新局長松本人志さんの心境や視聴者の反応についてご紹介しました。

涙もろい性格の西田局長の司会にこちらももらい泣きする事も多く、もう西田局長の司会進行を見れないのは個人的に残念ですが、松本人志さんの新局長としての仕事ぶりが見れるのもすごく楽しみです。今後の放送が待ち遠しいですね。

 

あなたにおすすめの記事!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする