中島イシレリがまっちゃん(松本人志)にソックリ!ハーフなの?結婚してる?

ラグビー日本代表の中島イシレリは松本人志とソックリと世間の一部でざわついている?大物芸人の松本人志にソックリな中島イシレリとは、一体何者なのか、日本人?それともハーフ?中島イシレリはインパクトの強い金髪とマッチョな肉体のビジュアルで、これから新たな人気者になるかも知れない注目の選手です。

ラグビー日本代表に松本人志にソックリな選手がいると話題が沸騰!!

現在開催中のラグビーワールドカップで、次々と格上の強豪国を破り快進撃を続ける日本代表の試合を観戦した人達の中で、ダウンタウンの松本人志さんにソックリな選手がいると騒然となっているそうです。

いったいどんな選手で、どのくらい松本人志さんに似ているのでしょうか?

二人の写真を並べて見ると、金髪の短髪あること、マッチョな肉体、顔の色具合などが似ているでしょうか、外国人版の松本人志さんという感じですかね。喋ったらどんな感じなんでしょう?ワールドカップが終わった後には、バラエティー番組などで本人との共演が実現したら面白そうですね。

ラグビー日本代表の松本人志こと、中島イシレリ選手のプロフィール

生年月日 : 1989年7月9日(30歳)

出  身 : トンガ王国

身  長 : 186cm

体  重 : 120kg

ポジション: プロップ、ロック、ナンバーエイト

所  属 : 神戸製鋼コベルコスティーラーズ

トンガ出身のイシレリ選手の祖父は元トンガ代表のキャプテンを努めていて、その影響を受けてか幼少の頃からラグビーの練習を始め、15歳になると本格的にラグビーを開始しました。すると直ぐにU-15のトンガ代表に選ばれるほどの逸材でした。

日本に来るきっかけは、地元の高校生時代に日本の流通経済大学からスカウトされて、そして2008年の高校卒業後に流通経済大学に入学する為に来日しました。ちなみに来日する前は、日本に対する知識はほとんどなく、大学生活をおくる中で日本語や日本の文化などを習得し、徐々に日本に対する理解と愛着が高まっていったようです。

大学卒業後の2012年にNECグリーンロケッツに加入するも、当時150kg近くあった体重などが影響し、度重なる怪我に見舞われて思い通りの活躍は出来ませんでした。

転機となったのは2015年の神戸製鋼コベルコスティーラーズへ移籍した時期で、その頃から、一念発起して大好物のフライドチキンをやめるなど、食生活の改善と地道なトレーニングにより30kgもの減量に成功し、安定したパフォーマンスを発揮出来るようになっていきました。

ラグビー日本代表の中島イシレリ選手のポジションやプレーの凄さとは?

2018年に代表デビューしたイシレリ選手は、元々はロックやナンバーエイトのポジションを努めていましたが、ワールドカップ開催年の2019年1月に、日本代表のヘッドコーチからプロップのポジションへの変更を打診され、本人も代表での出場機会を増やしたいという考えから、懸命にプロップのポジションへ取り組み、周囲が驚くほどの適応力の高さを見せました。

イシレリ選手の最大の持ち味は、トンガ人特有のフィジカルの強さを活かしたパワフルなプレーにあります。欧米の屈強な選手のタックルに対しても全く当たり負けすることがありません。

さらにスクラムやラインアウトのイメージが強いポジションにもかかわらず、イシレリ選手は自らボールを保持し、一人で相手の選手をなぎ倒しながらゴールに近づくことが出来るので、日本代表にとって非常に貴重な戦力になっています。

中島イシレリ選手は日本国籍を取得している?結婚は?

中島イシレリ選手の旧名はイシレリ・ヴァカウタといいます。2014年に日本人の女性と結婚し、現在は2人の男の子を儲けています。

2015年に日本国籍を取得していますが、中島という名字は奥さんの名字であるとのことです。当初は中島ヴァカウタ・イシレリという名前でしたが、その後、中島イシレリに変更しました。

中島イシレリ選手のまとめ

印象的な金髪など顔の雰囲気が松本人志さんにソックリだと世間から注目度が急上昇している中島イシレリ選手。ラグビーの盛んなトンガで生まれ育ち、日本の大学からスカウトされて日本に来ることになりました。

始めは言葉も文化も何も日本のことを知らないまま来日しましたが、日本で生活するうちに日本が大好きになり、そのうち日本人の女性と結婚しました。

今は日本の国籍も取得し日本代表の一人としてワールドカップで大きな輝きを放っていて、今後、大人気になりそうな予感がします。

 

あなたにおすすめの記事!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする