天狗倶楽部(いだてん)は早稲田の同好会?メンバーは誰?

NHK大河ドラマ「いだてん」の第1回放送で天狗倶楽部が登場しました。「天狗倶楽部」がトレンド入りするなど、SNS上でも盛り上がっています。天狗倶楽部は実在した早稲田のスポーツ同好会だったようです。どんなメンバーがいるのかご紹介して行きたいと思います。

スポンサーリンク

「いだてん」に出てきた天狗倶楽部は実在した早稲田のスポーツ同好会だった?

「いだてん」に登場する天狗倶楽部とは、明治42(1909)年頃から早稲田大学の学生とOBを中心に作った実在していたスポーツ同好会です。早稲田大学以外の学生もいたようですが…

野球が大好きだった押川春浪が中心になって立ち上げました。

最初は野球が中心だったのですが、その後はテニスや相撲、陸上競技などをするアマチュアスポーツ集団へと変わっていきました。

コンセプトは「スポーツが好きで、スポーツを楽しむことを広めたい」というものでしたが、スポーツ関係者だけではなく、作家や画家・政治家などもメンバーとなっており、100名を超える人数が所属していた時期もあるようです。

野球部のエースとして活躍し、短距離走ではオリンピックに初めて参加した三島弥彦も所属していました。

ユニフォームのワッペンの「TNG」のロゴは当時本当にあったデザインだそうです。当時からローマ字でイニシャルにするという文化はあったことにビックリですね。

「いだてん」に登場する天狗倶楽部(TNG)のメンバーは?

「いだてん」に登場する天狗倶楽部の主なメンバーをご紹介します。

三島弥彦役 生田斗真

横浜正金銀行副頭取・三島弥太郎(小澤征悦)の弟で、スポーツ万能でした。短距離走選手として金栗四三と共に日本初のオリンピック選手となりました。

演じているのは生田斗真です。生田斗真はイケメン俳優のイメージなので、今回の暑苦しい男っぽい役は意外でしたが、やっぱりカッコイイですね。フレディマーキュリーっぽいとSNSでは盛り上がっています。天狗ダンスもカッコイイですね。

押川春浪役は武井壮

天狗倶楽部設立者。野球とお酒が大好きで面倒見がよく豪快な人柄。とにかく熱い人物。

ヒゲを生やした武井壮がマリオに見えるとSNS上では盛り上がっています。ヒゲを生やしている人が多いです。ヒゲが流行っていたのでしょうか?

吉岡信敬役は満島真之介

応援活動に熱心で「天狗倶楽部」の名物男で「ヤジ将軍」と呼ばれていました。日本最初の応援団長として有名でした。三島弥彦と熱い友情で結ばれていました。

とても熱いキャラです。

まとめ

「いだてん」に登場する天狗倶楽部についてご紹介しました。

実在する団体だったとは驚きですね。

こんな暑苦しい人たちがいたのですね。

「いだてん」どうなっていくのでしょうか?続きが気になりますね。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれてます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする