吉田輝星の父親の職業や画像が気になる!父も金足農業だった?

吉田輝星投手のとは?その職業画像は?2018年夏の甲子園で大ブレークした吉田輝星投手は父からどの様に育てられたのか?画像を見たら顔は似ているのか?プロ野球選手を職業として新たな野球人生を歩む吉田輝星投手の、父との知られざるエピソードなどを調べみました。

スポンサーリンク

吉田輝星のプロフィール!

生年月日  2001年1月12日生

出身地   秋田県秋田市

身 長   176CM  体 重 81kg

ポジション 右投右打 投手

吉田輝星投手は2018年夏の甲子園で秋田県代表の金足農業のエースとして大活躍をし、日本中で大きな話題となり「金農旋風」を巻き起こしました。その後ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに指名され、将来のエース候補として期待されています。小学生の時から野球をはじめ、地元の潟上市立天王寺中学校の野球部に入りました。その後、秋田県立金足農業高等学校に進学し、県内屈指の強豪校である金足農業で、1年生の夏から早くもベンチ入りをはたし、順調にチームのエースへと成長していきました。3年生の夏には甲子園に出場し150kmの速球と甘いマスクで注目を集め、県予選から甲子園の準決勝まで一人で投げ抜き、決勝では途中降板してしまいましたが金足農業の準優勝に大きく貢献しました。

吉田輝星の父親の職業は?画像も紹介します!

吉田輝星投手のお父さんの名前は、正樹(まさき)さんと言います。1975年生まれで、今年で44歳になるようです。どんなお仕事をしているかについてですが、一般の方なので会社員ということしかわかりませんでした。25歳の時に奥様との間に息子さんを授かったことになりますね。

出典:秋田魁新報

こちらが、お父さんの画像です。穏やかで誠実そうな印象を感じます。吉田投手とは似ているのでしょうか?作業着っぽい服装ですが、お仕事の内容と関係あるのでしょうか?金足農業の父母会の会長を務めていたそうなので、様々な場面でチームや吉田投手を支えていたのでしょうね。

吉田輝星の父親も金足農業だった?

そんな吉田投手のお父さんですが、自身も金足農業出身で、やはりと言うべきか野球部に所属していたようです。息子さんと同じでピッチャーをしていましたが、エースナンバーを付けることは出来なかったみたいです。チームは2年生と3年生のときに秋田県予選の決勝に進出しましたが、2年生の時にはベンチ入りを逃し、3年生の時にはベンチ入りを果たしました。ただ、残念なことに出場機会はありませんでした。

吉田投手が小学生の時から頼まれてキャッチボールなどをしていたそうですが、自身が野球経験者なだけに吉田投手に少年時代から熱心に指導していたのではないでしょうか。吉田投手の高校生時代には、先輩に対する態度などで良くない場合があり、厳しくったこともあったそうです。野球の技術面だけでなく、精神面でも吉田投手を時には厳しく、時には優しく愛情を込めて育て上げたのではないでしょうか。

それだけに息子の吉田投手が自分の果たせなかったエースナンバーを付けて、甲子園に出場し、さらに決勝まで進んだことは相当嬉しかったであろうと想像できますね。

吉田輝星の父親を肩車する動画!

吉田投手に肩車をされたお父さんは、両手を挙げて嬉しそうな表情をしていますね。軽々と持ち上げているようにも見えます。息子が自分を簡単に肩車できるぐらいに、逞しく成長したのだなと感じる部分もあったかもしれないですね。

まとめ

吉田投手はお父さんやお母さんなどの家族の暖かい愛情のもと、野球選手としても人間的にも立派な青年に育ちました。去年の夏の甲子園では東北勢の悲願である初優勝は惜しくも逃してしまいましたが、その力投で日本中を感動と興奮で大熱狂させました。そして今後はプロの世界で日本を代表するような投手になることが期待されます。そんな吉田投手を御両親は一体どの様に育てたのか、もっと詳しく知りたいと思いましたので、これからその様な情報を数多く触れることができ、お伝えする機会があることを望みたいと思います。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれてます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする