ヘンリー王子とメーガン妃の子供の肌の色や髪の毛は?称号「王子」は与えられないかも?

ヘンリー王子とメーガン妃に第1子となる男の子が誕生しましたね。生まれた子供の肌の色や髪の毛の色が気になりますね。キャサリン妃はベビー誕生の時は出産後7時間で赤ちゃんを抱いてお披露目したのに対し、メーガン妃はすぐにはお披露目しませんでしたね。その理由は何なのでしょうか?また称号は与えられるのでしょうか?詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

メーガン妃について

メーガン妃の生年月日は198184日。アメリカロサンゼルス生まれです。

ファーストネームは「レイチェル」ですが、子供の頃からミドルネームである「メーガン」と呼ばれて育ったようです。

母親はアフリカ系で父親はオランダ・アイルランド系です。アフリカ系の女性がイギリス王室に入るのはいかがなものかと一時は論争が巻き起こりましたね。

ただ、メーガン妃は自分の生まれに誇りを持っているとのことです。

両親は6歳の時に離婚し、離婚後は母親と暮らしていました。

メーガン妃はアメリカの人気ドラマシリーズ「SUITS/スーツ」で弁護士志望のパラリーガル、レイチェル・ゼイン役をつかみ取り人気となりました。

ヘンリー王子とは知人の紹介で出会い、その時は彼がイギリス王室の王子だということも知らなったそうです。ヘンリー王子は自分を知らないというメーガン妃が新鮮だったのではないでしょうか?

一方ヘンリー王子もメーガン妃がアメリカの人気女優だということを知らなかったようで、2人は出会ってすぐに意気投合し、一緒に行ったアフリカのボツワナへの旅行で絆が深まったようです。

2人の交際が明らかになった時はメーガン妃は母親がアフリカ系だということ、離婚歴があるということで、賛否両論の意見が飛び交いましたが、そんな苦難も乗り越えて2018519日ウィンザー城内の聖ジョージ礼拝堂にて結婚式を行いました。

この時もメディアで盛り上がりましたね。

最近では、メーガン妃とキャサリン妃の確執やメーガン妃が国外追放されるなどのウワサがあります。

イギリス王室のメーガン妃、国外追放や確執のウワサは本当なの?

イギリス王室のメーガン妃が国外に追放されるのでは?と話題になっており、それはキャサリン妃との確執のせいではないかといわれています。メーガン妃...

メーガン妃が産後すぐにお披露目をしなかった理由!

イギリス王室では出産をした病院の前でベビーをお披露目するのが習わしになっているようなので、キャサリン妃はその習わしに従い産後数時間でベビーを抱っこしてメディアにお披露目をしましたが、メーガン妃はすぐにお披露目をしませんでした。

なぜメーガン妃が産後すぐにお披露目をしなかったのかについては「ベビーの肌の色を気にしているのではないか?」「代理出産なのではないか?」などの憶測が飛び交いましたが、情報によると単にプライバシーを優先させたいというメーガン妃の意向があり、病院なども公表しませんでした。また、早い段階ですぐにはお披露目をしないと決めていたようです。

キャサリン妃の時は出産後7時間で退院してメディアにお披露目をしましたが、見ているこちらも出産後7時間で身ぎれいにしてメディアに出るなんて大変すぎるし、私ならできないなぁと思っていました。

また、キャサリン妃の子供とメーガン妃の子供では、王位継承順位に大きな差があるからだとも言われています。

キャサリン妃の子供の王位継承順位はジョージ王子(長男)が「3位」、シャーロット王女(長女)が「4位」、ルイ王子(次男)が「5位」なのに対し、メーガン妃の子供は7位ということです。

ヘンリー王子とメーガン妃のベビーの肌の色と髪の毛の色は?

メーガン妃の母親がアフリカ系だということで、生まれてくる子供の肌の色や髪の毛はどうなるのだろうかと思っている方が多いようですね。肌の色が黒く、髪の毛がチリチリになるのではないかと予想している方も多いのではないでしょうか?

実際にメーガン妃の子供の頃の写真を見ると肌の色はそれほど黒くはありませんが、髪の毛はチリチリですね。↓

現在のメーガン妃の髪の毛はチリチリではないので、ストレートパーマなのか、成長するにつれて伸びてきたのか分かりませんが、確かに子供の髪の毛がどうなるのかは気になりますね。

まあ、ヘンリー王子もチリチリまではいきませんが、クルクルしてますから。やはり子供はカーリーヘアになるのではないかと思います。

では、実際はどうだったのでしょうか?

公表された画像はコチラ↓です。

出典元:AP=共同

出典元:AP=共同

赤ちゃんの髪の毛などは見えませんが、肌の色は黒いという感じではありませんね。

髪の毛はもしかしたら成長するにつれてチリチリになってくるのかもしれませんが、とにかくヘンリー王子もメーガン妃も嬉しそうで、見ているこちらまで幸せになりますね。

ちなみに男の子の花芽は「アーチー」だということです。「勇敢」「大胆」を意味するドイツ語から来ているそうですね。

エリザベス女王にとっては8番目のひ孫で、王位継承順位は父のヘンリー王子の6位に続き、7位となります。

ヘンリー王子とメーガン妃のベビーに称号は与えられる?

イギリス王室には称号についてルールがあるようですね。

現在、女王はエリザベス女王で、

皇太子はチャールズ皇太子。

その子供が王子でウィリアム王子、ヘンリー王子ですね。

ウィリアム王子の子供はジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子と称号が与えられております。

当然今回誕生したヘンリー王子の子供にも「王子」という称号が与えられるのではないかと思ったのですが、地元の報道によると「王子の称号は与えられないかもしれない」ということです。

なぜかというと、これまで皇太子の長男の子供に称号が与えられたことがないからだそうです。

ちょっと意外ですね。今回生まれたベビーは王子と呼ばずに何と呼ぶようになるのでしょうね?

こちらも分かりましたら、またお知らせ致しますね。

まとめ

ヘンリー王子とメーガン妃の第1子の男の子が誕生しました。

メーガン妃の母親がアフリカ系だということで、生まれてくる子供の肌の色や髪の毛がどうなるのか気になる人が多いようだったので、まとめてみました。

また称号についてもどうなるのかまだ分かりませんね。何と呼ぶようになるのか気になります。

ただ、とにかくヘンリー王子が嬉しそうなのが印象的でした。いろいろヤンチャで問題を起こすことも多かったヘンリー王子も親になり、最近ではとても落ち着いているように見えます。

今回誕生した王子の成長を見るのが楽しみですね。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれてます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする