山川穂高のホームランポーズがゆりやんポーズからどすこいポーズへ!

埼玉西武ライオンズの山川穂高選手ですが、ホームランを打った後のポーズが、ピン芸人「ゆりやんレトリィバア」の持ちネタ「調子乗っちゃって」のゆりやんポーズだと話題になりました。山川穂高選手のプロフィール、ホームラン記録、2019年の新ポーズを含めまとめてみましたのでご覧ください。

スポンサーリンク

山川穂高のプロフィールは?

山川穂高選手のプロフィールを紹介します。

出身は沖縄県那覇市で、1991年11月23日生まれの27歳です。

身長176cm 体重108kg 右投げ右打ちの一塁手です。

小学校の時に野球を始め、中学校時代は大矢明彦氏が名誉監督を務める硬式の

「チームSOLA沖縄」(現・大矢ベースボールクラブ)でプレーをし、一塁手と

して全国大会出場経験があります。

沖縄県立中部商業高等学校に進学し、3年夏に沖縄大会決勝まで進出しましたが、

2年生エース島袋(ソフトバンクホークス所属)を要する興南高校に2対4で敗れています。

ちなみに、興南高校は翌年甲子園大会で春夏連覇を果たしています。

山川穂高選手の甲子園出場経験はありません。

その後、岩手県にある富士大学に進学しています。

1年生春から4番を務め、秋季リーグ(北東北大学野球連盟)で打点王を獲得、

2年生で「第38回日米大学野球選手権大会」日本代表に選ばれ、

3年生で「第26回アジア野球選手権大会」日本代表に選ばれています。

4年生の時、「東アジア競技大会」で大学生では唯一日本代表に選ばれ、4番打者を務め、

韓国戦で満塁本塁打を放っています。

そして、2013年ドラフト2位で埼玉西武ライオンズに入団しました。

ちなみに、ドラフト1位は捕手の森友哉選手です。現在パリーグの首位打者です。

一軍での初出場は2014年6月21日、2019年の年俸は1億1,000万円です。

山川穂高選手は、大学時代からピアノが趣味で、書道八段の腕前です。

プロ入り後の検査で、右の握力は何と83kgを記録しています。

豪快なホームランは、ずば抜けた握力と繊細で柔軟な肉体から生まれるのでしょうか!?

山川穂高は2018年はホームラン王(本塁打王)!

山川穂高選手がプロでホームランを量産し始めたのは2017年8月ごろからです。この年は23本塁打を放っています。

2018年は開幕から4番を務め、4月は11本塁打・33打点のリーグトップの成績で、4月のパリーグ月間MVP を獲得しています

これは、前年から含め3ヶ月連続の受賞です。

そして、2018年はシーズン47本塁打で、ホームラン王(本塁打王)を獲得しました。ちなみに、平成生まれの選手としては最多本塁打です。

パリーグで40本以上の本塁打を放ったのは、2011年の中村剛也選手(西武ライオンズ)が48本を記録して以来7年ぶりです。

”おかわり2世”をきっちり受け継ぎましたね。

そして、1塁手としてべストナインに選出され、パリーグの最優秀選手に選ばれています。

余談ですが、山川穂高選手は2017年8月に結婚を発表しています。

お相手は富士大学の1年先輩、ソフトボール部に所属していた方です。

ホームランを量産しだした時期と一致していますね。

山川穂高のホームランポーズ2018はゆりやんポーズ!

山川穂高選手がホームランを打った後、ベンチ前で見せるポーズが話題になりました。

女性ピン芸人のゆりやんレトリィバアに似ていると自他ともに認めています。

2018年ホームラン後のパフォーマンスが、ゆりやんレトリィバアの持ちネタ「調子乗っちゃって」ポーズでした。

両手の指を立て、カメラ目線で笑顔でクルリと回すお決まりのポーズですね。↓

40号到達!! L山川 今季の『調子乗っちゃって』を振り返る《THE FEATURE PLAYER》

かなりノリが良く、チームのムードメーカーですね。

山川穂高のホームランポーズ2019はどすこいポーズ!

実は、大相撲の御嶽海関にも似ていると言われています。と言うより似ています。

そして、2019年は新パフォーマンスを披露しています。それが「どすこいポーズ」です。

相撲の四股踏みですね。自身御嶽海関に似ていることから考案したようです。

こちらをご覧ください↓

山川穂高新パフォーマンス!!

御嶽海関が、山川穂高選手の四股を踏んでいるポーズを見て、「部屋に来てください。四股の踏み方を教えます。」と呼びかけたようです。

こちらは御嶽海関からの物言いです↓

御嶽海関も明るいキャラですし、ノリが良いですね。

令和初のホームラン王(本塁打王)なるか?

5月7日現在で、ホームランは13本でパリーグトップです。

2位のレアード(ロッテ)には2本差をつけています。

31試合で13本打っています。レギュラーシーズンは143試合ありますから、このペースで行くと60本塁打も見えてきます。

そうすれば、バレンティン(ヤクルト)のシーズン最多60本を上回るかもしれません。

令和初のホームラン王(本塁打王)になるか?

そして、シーズン最多本塁打更新のおまけつきとなるか? 目が離せません。

まとめ

以上西武ライオンズの山川穂高選手について調査をしてみました。

明るいキャラで、チームのムードメーカーでもあり、誰からも好かれる選手のようです。

今年もホームラン王を獲得し、令和元年を明るい年にしていただくことを願います。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれてます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする