麹町中学校の校長工藤勇一氏の経歴や本を紹介!教育改革とは?

麹町中学校の工藤勇一校長の教育改革がすごいと話題になっています。林先生の初耳学でも紹介され反響をよんだ麹町中学校の校長工藤勇一氏は本も出しています。また、経歴やどのような教育改革を行っているのか、その内容について調べてみました。

スポンサーリンク

千代田区立麹町中学校とは?

千代田区立麹町中学校(ちよだくりつこうじまちちゅうがっこう)は、東京都千代田区平河町にある公立中学校です。

1950~60年代、都立日比谷高等学校は東大合格者全国一位でした。その日比谷高等学校に麹町中学校は多くの合格者を輩出していたので、当時は名門中学校としてし名前が挙げられ、「千代田区立番町小学校→千代田区立麹町中学校→都立日比谷高等学校→東京大学(番町→麹町→日比谷→東大)」がエリートコースとされていたそうです。

現在は工藤勇一校長による独自の教育改革で注目をあつめています。

麹町中学校の校長工藤勇一の経歴は?

工藤勇一は1960年山形県鶴岡市生まれ。東京理科大学理学部応用数学科卒業後、山形県中学校教員、東京都中学校教員、東京都教育委員会経て、2014年から千代田区立麹町中学校長に就任。

写真を見て誰しもが「え?この人が校長先生?」と思うのではないでしょうか。若々しくておしゃれな方で校長先生というよりIT企業の社長といった感じに見えますよね。

初の著作『学校の「当たり前」をやめた。』が反響をよび、林先生の初耳学にも出演して大きな話題をよびました。

麹町中学校工藤勇一校長の教育改革とは?

工藤勇一校長による麹町中学校の教育改革はなぜ話題になっているのでしょうか。その内容はどのようなものなのか調べてみました。

宿題の廃止

長期休みも含めて宿題は一切なし。ですが個別の生徒に応じた課題は出すこともあるそうです。

宿題は学力定着の「手段」にすぎないのに、それ自体が「目的化」されてしまっていて、宿題自体が学習する習慣の定着、学力アップにむすびつくことはないと考えられているそうです。

確かに先生や親に怒られたくないから宿題をやる、忘れてきたとからかわれなくないから宿題をやっていているようなところはありましたよね。

定期テストの廃止

定期テストを廃止し、中間・期末テストに代わり、各教科で単元テストを行う他、年4~6回の実力テストを実施しているそうです。

合格点に達しない生徒は再チャレンジをさせて、責任を持って一人ひとりの学力保障を行っていくのがねらいだそうです。

小テストがあるので、しっかりと授業を聞く必要があるし、日々の家庭学習も必要になってきます。私もテストのために一夜漬けで勉強してすぐ忘れてしまうような学習は意味がないよな~と思っていたので定期テストをやめて小テストを何回もやるのはとってもいいのではないかと思います。

クラス担任制の廃止

固定担任制の廃止し、年間を通じて学級担任を固定しない「全員担任制」を導入しています。

生徒は担任と合わなくても他の先生なら気があうという場合もありますよね。教員側も、各教員のよさを生かした指導ができてよいのではないかと思います。

親としてもハズレ担任だから1年間我慢するしかない…というのがなくなるのは助かりますよね。

行事の見直し

体育祭、文化祭は生徒が中心となって企画、運営するそうです。修学旅行についても生徒が「ツアー企画」を考え京都、奈良を現地取材する形式をとっています。

服装、持ち物のルール

PTAの検討委が決定しているそうです。機能性、経済性を重視し、カバンや靴は自由にしたり、生徒会で私服登校が可能な期間を設定したりしています。

麹町中学校工藤勇一校長の教育改革に対する世間の反応は?

と、おおむね評判はよさそうです。中には自律できる生徒でないと逆に厳しいのではないか、不登校の生徒にはどのように対応していくのかなど疑問も上げられていましたが、義務教育というものが学校次第でこんなにも変えていくことができるということが驚きですよね。

中学受験の密着取材で一躍有名になったジャガー横田さんの息子の大維志(たいし)くんもこの麹町中学校に通っているのではないかという噂があります。

詳しくは↓をどうぞ!

たいしくんの学ランの中学(進学先)がどこなのか判明!

中学受験の密着取材を受けていたジャガー横田の息子たいしくんの学ラン姿が父である木下博勝さんのブログで公開されましたね。しかし、中学受験で合格した中学校の制服ではなかったため、たいしくんの進学先はの学ランの中学はどこなのだろう?と疑問を持っている人も多いのではないかと思います。調査の結果、中学(進学先)が判明致しましたの...

まとめ

今回は麹町中学校 工藤勇一校長の経歴や教育改革の内容について調べてみました。テストも宿題もない、担任もいないなんて生徒にとっては大喜びかもしれませんが、親としては本当に大丈夫と思ってしまうところもありますよね。それでも慣例に縛られすぎていて簡単には変えられない義務教育のイメージに一石を投じたという意味ではとても価値のある改革だと感じました。

親や教育委員会は関係なく、生徒と先生が心から学びたい、楽しみたいと思えるような学校生活が実現してくれることを願っています。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれてます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする