山川穂高はピアノが上手いって本当?得意な曲は何?動画も紹介!

埼玉西武ライオンズの主砲山川穂高選手ですが、意外にもピアノが上手いと評判です。得意な曲は何なのか?ピアノだけでなく書道の腕前もすごいとの事です。ピアノを弾いている動画やプロフィールもあわせてご紹介していますのでご覧ください。

スポンサーリンク

山川穂高選手のプロフィール

プロフィールはこちら↓の記事で詳しく紹介しておりますので、ぜひ見てみて下さいね。

山川穂高のホームランポーズがゆりやんポーズからどすこいポーズへ!

埼玉西武ライオンズの山川穂高選手ですが、ホームランを打った後のポーズが、ピン芸人「ゆりやんレトリィバア」の持ちネタ「調子乗っちゃって」のゆり...

山川穂高選手はピアノも上手いって本当?動画を紹介!

5月13日現在、山川穂高選手のホームラン数は15本です。

2位のレアード(ロッテ)に2本差をつけパリーグトップですが、ピアノが上手いと評判です。

100kg以上ある巨体からして以外なのですが(と言っては失礼かもしれませんが)、かなりの腕前のようです。

動画を見ていただくとわかりますが、楽譜も鍵盤もみることなく弾いています。

(楽譜は読めない?との噂も)

まわりからも「すげえっ!」という声が聞こえています。

ピアノ教室へは、高校野球を引退し大学へ入る前に半年ほど通ったようです。

当時、山川家はアパートの4階に住んでおり、5階に住んでいた家族と仲が良く、そこのお姉さんが近くでピアノ教室を開いていたそうです。

ピアノ教室へは遊びに行く感覚で弾いていた程度で、本格的に習っていたわけではないようです。

大学へ入学してからは独学でマスターしたようです。

そして、西武ライオンズ入団が決まり、独身寮の若獅子寮へ入寮時に電子ピアノを持ち込んできて、回りがビックリしたようです。

2017年8月には、富士大学の1年先輩であるソフトボール部出身の女性と入籍しています。

山川穂高選手のピアノ曲を聴いて、いやされているのでしょうか?

動画はこちらから↓

確かに上手いですね。

埼玉西武ライオンズ 山川穂高選手 ピアノ生演奏
20121202 (亞錦賽) 山川穗高(Hodaka Yamakawa) – SUMMER

山川穂高選手の得意な曲は何?

得意な曲は、動画にもありますが「summer」、他にも「エリーゼのために・カノン・匠」などがあるようです。

「summer」は、作曲家久石譲の集大成ともいえる楽曲で、1999年公開の映画「菊次郎の夏」(監督・北野武)のメインテーマです。のちに、トヨタ・カローラのCMにも起用されましたね。CMで流れているので聞いたことがある方も多いかと思います。

この曲を聴けば、女性ならずともうっとりしてしまいますね。

そして、「これらの曲は楽譜を見ないで弾ける、弾くとリラックスできる。」と自身コメントしています。沖縄県出身ですから、やはり夏(summer)が特に好きで得意なのでしょうか?

これから暑い季節がやって来ます。ホームランもガンガンと量産することでしょう。

山川穂高選手は書道も8段!?

特技はピアノだけではありませんでした。

書道を始めたのは幼稚園の時で、母親の勧めのようです。書道に関しては、ピアノとは違いかなり強制的にさせられていたようです。

そして、中学3年生ですでに8段を取ってしまったようです。

母親に「やめたい」と訴えたところ、「8段を取ったらやめていい」と言われ、本当に取ってしまったのですね。ここにも努力家・負けづ嫌いの片りんがうかがえますね。

そして、多岐にわたる才能を有した、”令和”のホームランバッターと言えますね。

確かに達筆↓

まとめ

以上、山川穂高選手には野球以外にも、ピアノ・書道と多彩な特技があることがわかりました。

シーズン終了後には、その特技を披露する姿が見られることを期待しつつ、豪快なホームラン

を何本放つか楽しみが増します。

そして、2年連続ホームラン王の獲得を期待したいと思います。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれてます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする